旅気分でお仕事in四国 県外でのお仕事なら、旅行気分でしっかり稼げる!「でも四国には行ったことないから不安…」そんなあなたのために、四国の魅力をご紹介
どの県に行く?出稼ぎエリアを知ろう!

「晴れの国おかやま」と呼ばれるぐらい晴天に恵まれる県。
中国の玄関としても栄え、観光施設や娯楽施設も充実している。

今から約300年前に岡山藩2代藩主池田綱政が
藩主のやすらぎの場として作らせた庭園です。
昭和9年(1934)の水害、20年の戦災に遭いました
が、江戸時代の絵図などに基づいて復旧が
はかられ、江戸時代の姿を大きく変えることなく
日本三名園のひとつとして人々に親しまれています。
倉敷市の市街地中心部で往時をしのばせるのが
倉敷川畔の「美観地区」や鶴形山南麓から東西に
のびる「本町・東町」といった美しい町並みです。
そんな家並に溶け込むように、ギャラリーや雑貨店、
ジャズ喫茶、茶道家元を改築した喫茶店などが
点在し、古い歴史文化の中に新しいセンスや
モダニズムが調和しています。

ひるぜん焼きそば

秘伝の濃厚な味噌ベースの甘ダレに、噛めば噛むほど味の出る
親鶏のかしわ肉!さらに蒜山高原から生産されるキャベツを入れて
作ったこだわりの焼きそばは地元の人々に愛され続けています。
また食べ歩きマップもあるので、岡山へお越しの際は食べ歩いて
みてはいかが?
岡山で旅行気分に働いてみよう!

交通機関にも恵まれた中国最大の都市。
歴史的建造物に世界遺産、また瀬戸内海のおいしいグルメも盛りだくさん!

日本三景の一つ「安芸の宮島」で知られる厳島。
そこにある厳島神社は、海を敷地とし、平安時代の
寝殿造りの建築美で知られる日本屈指の名社。
世界文化遺産に登録された厳島神社やその周辺を
巡れば、太古から海の守り神として崇拝されて
きた自然や文化をあらためて深く知ることが
できることでしょう。
平成8(1996)年12月に世界遺産となった
原爆ドームの前身は、特産物の展示などを行なう
「広島県産業奨励館」でした。
被爆後、いつの頃からか「原爆ドーム」と呼ばれる
ようになり、世界に対し核兵器の廃絶を訴え、
恒久平和の実現にむけて発信する広島市民と
日本国民の平和への願いの象徴となっています。

広島といえばお好み焼き

戦前から人気のあった「一銭洋食」以来、具にキャベツやそば、
うどん、卵を加えるなど工夫がされ、現在の広島お好み焼が
完成しました。広島市周辺内には、約2000軒のお好み焼屋があり、
いまや日本はもろろん、世界中の人々に親しまれ、市内中心部にある
「お好み村」や「お好み共和国ひろしま村」は、広島の名所になって
います。
広島で旅行気分に働いてみよう!

本州最西端に位置する県であり、中国地方を構成する五県のうちの一つで九州地方との連接点の地域。
「おいでませ 山口へ」と呼ばれるキャッチフレーズからおもてなしとふれあいを大切にします。

秋吉台の地下100m、その南麓に開口する
日本屈指の大鍾乳洞「秋芳洞(あきよしどう)」は
大正15年昭和天皇が皇太子の御時、本洞を
御探勝になり、この名前を賜ったものです。
洞内の観光コースは約1km(総延長8.9km)、
温度は通年17℃で一定し、夏は涼しく冬は温かく、
ご年配の方やお子さまも快適に探勝できます。
延宝元年(1673)吉川広嘉によって架けられた
木造五連のアーチが美しい橋(名勝)。
長さ193.3m、幅5mで木組みの技法を駆使して
造られており、大月の猿橋、祖谷のかづら橋と並ぶ
日本三名橋のひとつといわれている。
平成16年(2004)には、半世紀ぶりの架け替え
工事が終了した。

見た目も十分楽しめる瓦そば

長い野戦の合間に瓦を用いて野草、肉などを焼いて食べたという
古老の話にヒントを得て、日本瓦の上に茶そば、牛肉、錦糸卵、海苔、
もみじおろし、レモンなどをのせた瓦そば。
かつおと昆布がたっぷり使われた少し甘めの上品で奥ゆきのある
味わいのつゆをつけて食べます。
山口で旅行気分に働いてみよう!
四国へ行こう!実はこんなに安く行けます。

topへ